突発性難聴は早期が鉄則

耳のトラブルの問題は、聞こえづらさ以外にもある。「キーン」という高音や「ジージージー」とセミの鳴くような音がうるさくて、眠れなくなることもあります。

 

静かな場所の「シーン」も耳鳴りの一つです

耳鳴りは、特徴などによっていろいろなタイプに分類される。代表的な分類の一つが「自覚的耳鳴り」「他覚的耳鳴り」である。

●自覚的耳鳴り
耳鳴りの音が自分だけに聞こえ、他人には聞こえない。加齢に伴って生じたり、別の病気に伴って生じたり、難聴など他の症状をまったく伴わずに生じたりすることがある。静かな場所で「シーン」と聞こえるのも自覚的耳鳴りで、生理的な現象の一つである。

●他覚的耳鳴り
聴診器のような器具で、耳鳴りの音が他人にも聞こえる。耳垢がたまっていたり、ゴミなどが耳に入ったりすることで起こる。血管の中を血液が流れる音が聞こえることや、耳の周囲の筋肉が収縮するときに鳴ることもある。
突然耳が聞こえなくなったら、すぐに耳鼻科を受診
難聴については、耳のどこで障害が起こっているかで分類されている。

●伝音性難聴
音を伝える部分である「外耳」や「中耳」に障害が起こって生じる。耳垢が詰まっていたり、外耳や中耳で炎症が起こっていたりする場合があります。

●感音性難聴
音を感じる部分である「内耳」や大脳に障害が起こって生じる。堂本剛さんたちが患った突発性難聴も感応性難聴の一つで、何の前触れもなく、突然、片方の耳の聞こえが悪くなる病気でです。
上記のように、耳鳴りも難聴も、原因となる耳垢や炎症などを治療すれば改善するケースがある。自己診断をせずに、早めに耳鼻咽喉科を受診してください。。

特に突発性難聴は「発症後2週間を経過すると回復が難しくなる」と言われている。「朝起きたら耳が聞こえなかった」「キーンという音がするだけで、ほかの音が聞こえない」という症状が出たら、仕事や家事はほうっておいてすぐに病院に行ってほしいものです。
難聴を放置したために、数日でまったく聞こえなくなる人もいる。早期発見・早期治療が重要です。

あわせて読みたい

  1. 日本人に多い回避性パーソナリティ障害とは

  2. 認知症に効果のある食事療法『MIND』とは

  3. 虫歯と歯周病の大きな原因

  4. 人生100年会議、介護人材の確保策を検討

  5. 胃がんのリスクをネットでチェックできる時代

  6. 介護福祉士、教育内容見直しへ