日本人に合った椅子に

肩凝りや腰痛に悩む人はとても多い。

その際、もっとも長い時間、体を預けているのが椅子だ。

どんな椅子が体に支障を起こしにくく、正しい姿勢を保てるのか。さ

まざまな工夫を凝らした椅子を開発したり、マンツーマンできめ細かく

椅子選びをアドバイスしたりする「座り」関連のビジネスが広がっている。

◆背筋を伸ばす

フランスの大手チーズメーカーの日本法人「ベル ジャポン」(東京)は

今年1月、人事や経理などデスクワークが長い職場に新しい椅子を数脚取り入れた。

ファッション雑貨などを企画・販売するトレイン(東京)が開発した商品「アーユル チェアー」だ。

座面が通常の椅子よりもかなり小さく、馬のくらのように左右にやや下がった独特の形だ。

座面をまたぎ、後ろの腰当てにお尻をぴったり付けて座ることで骨盤が安定し、

背筋を伸ばす正しい姿勢を維持できるという。

トレインの長谷川康之社長は、「床に座ることに慣れた日本人には

西洋で生まれた椅子は合わない」と、この形状を思い付いた。

「坐骨で座る」をうたい文句にして、企業だけでなく学校や塾などへの導入例もあるという。

 

姿勢と健康問題について研究する日本体育大の野井真吾教授は

「最近は小学生でも姿勢の悪さが原因の肩凝りや腰痛が増えている。

長時間座っている大人は、正しい姿勢で座らないと作業効率が落ちる」と指摘している。

あわせて読みたい

  1. 今期も「混合介護」の弾力化を議題に 

  2. あなたはすい臓、大事にしていますか?

  3. ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!その⑤…

  4. カフェインと上手く付き合うために 「デカフェ」という選択

  5. では糖尿病をサイレント・キラー(静かなる殺し屋)とよばれるゆ…

  6. メタボと抑うつは糖尿病を招く?

  1. 2017.12.16

    唇の乾燥や荒れを引き起こす4つの原因

  2. 2017.12.14

    低体温の子どもが増えている?

  3. 2017.12.12

    低体温の子どもが増えている?

  4. 2017.12.11

    日本人の失明原因第1位 「緑内障」を知っていますか

  5. 2017.12.09

    カフェインと上手く付き合うために 「デカフェ」という選択…

  1. 2017.07.12

    ~入浴法で健康を手に入れましょう~

  2. 2017.07.06

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…

  3. 2017.07.05

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…

  4. 2017.07.04

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…

  5. 2017.07.03

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…