原因不明の「耳鳴り・難聴」を治す!

完全に治らなくても、日常生活に支障を来さないレベルまで軽減した例が少なくないです。
今回は、病院で検査を受けても原因が見つからず、「うまく付き合っていくしかありません」と言われた耳のトラブルに効果があった方法を、2つ選んで紹介していきますね。

自分で簡単にできますのでぜひ試してください。
スマートフォンやパソコンの使い過ぎを見直してみましょう。
一つ目は、首の後ろ側の筋肉をほぐすこと。
洋の東西を問わず、治療家たちが問題として指摘しているのが、スマートフォンやパソコンの使い過ぎです。

画面を見るために顔を突き出し、首の骨のカーブがなくなっていく「ストレートネック」になりがちです。
こうして首やあごの周囲の筋肉に負担がかかり、血液やリンパ液の流れが滞って、

耳のトラブルが起こっている可能性があります。

同時に、スマホやパソコンで目を酷使することで、視覚に関係する神経が過剰に働き、

そのほかの神経にも悪影響が及ぶことがある。聴覚に関係する神経の<誤作動>が起こったら、

耳鳴りや難聴が生じるというわけです。
今、自分の<首の裏側>を触ってみてください。パンパンに張っていたり、カチカチにこり固まっていたりしたら、スマホやパソコンの画面を見るのはいったんやめて、首を優しくもみほぐしましょう。

すでに耳のトラブルがある人は、スマホやパソコンの使用を制限することをお勧めします。

耳の周囲や首の後ろ側には、耳鳴り・難聴に効くとされているツボも多数存在する。

軽く押してみて<イタ気持ちいいところ>に指の腹を当て、息を吐きながらグーッと3秒ほど押すといいでしょう。

もう一つが、ウオーキングを習慣化することです。
多くの医師が、ストレスや生活の乱れ、疲労によって、意志とは無関係に器官や内臓などをコントロールする

「自律神経」のバランスが崩れたり、脳に負担がかかったりして、耳のトラブルが生じると指摘しています。

このことを患者に伝えても、「やらなければいけない仕事がある」「疲れてなんかいない」などと、自分の心身にかかった負担を認めようとしないケースがあるそうだ。「まじめな、がんばり屋に多いんですよ」と某医師は語っていた。

このような患者には、気分転換と運動不足の解消のために、1日30~60分のウオーキングを勧めていた。ウオーキングを習慣化することで、生活のリズムが整うメリットもある。
不調だからといって、体を動かさなければ全身の血流、ひいては耳の血流も悪くなる。血流が悪い状態では、耳の機能も回復しにくくなります。

加えて、東洋医学では、生命エネルギーをつかさどる「腎(じん)」が衰えて、リンパ液などの体液に当たる「水(すい)」が滞ることで耳鳴りや難聴が起こるとされています。

つまり、血液やリンパ液などが体の中をスムーズに巡ることが、耳のトラブルを改善させる鍵になるのだ。「第二の心臓」と呼ばれている足の筋肉を動かせば、効率よく血液やリンパ液などを循環させることにつながる。そのためにもウオーキングの効果も取り入れてみましょう。
耳鳴りは心と体の悲鳴――と話す医師もいる。現代人を悩ませる「耳鳴り・難聴」は、目や脳を酷使して疲労感さえも麻痺させていることの警鐘なのかもしれない。

あわせて読みたい

  1. ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!その③…

  2. アルコールを飲んで、吐いてしまった

  3. 唇の乾燥や荒れを引き起こす4つの原因

  4. 末期がん患者、自宅と病院での生存率はほぼ同じ

  5. 過去の病気ではない!肺結核

  6. 介護福祉士、教育内容見直しへ

  1. 2017.12.16

    唇の乾燥や荒れを引き起こす4つの原因

  2. 2017.12.14

    低体温の子どもが増えている?

  3. 2017.12.12

    低体温の子どもが増えている?

  4. 2017.12.11

    日本人の失明原因第1位 「緑内障」を知っていますか

  5. 2017.12.09

    カフェインと上手く付き合うために 「デカフェ」という選択…

  1. 2017.07.12

    ~入浴法で健康を手に入れましょう~

  2. 2017.07.06

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…

  3. 2017.07.05

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…

  4. 2017.07.04

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…

  5. 2017.07.03

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…