健康な日本食だが塩分が多い!?

[日ごろの摂取量には注意が必要な日本食]

私たちは、日ごろお魚や味噌汁などを食べます。
いわゆる「和食」を言われるものです。
和食は海外からも健康的な食事として注目を集め、
2013年にはユネスコ無形文化遺産に登録されるなど
文化的な食事としても海外からも認知されています。

しかし、この和食は塩分が多いことをご存じでしょうか?

日本人の血圧と食塩摂取量の関係を調べらところ、
年齢と共に血圧が上がらない地域役にでは、
1日の食塩摂取量はわずか3~5グラムほどです。
これに対して日本では、1日の食塩摂取量は
平均して9~11グラムです。
近年減ってきているとはいえ、別の国々に
比べると圧倒的に多い数値になっています。

和食には酢の物や漬物がありますが、
これらには多くの塩分が含まれています。
さらに、しょう油や味噌にも塩分は
含まれていますので、和食を食べていると
自然と塩分を取ってしまうんです。
実は、塩で味を調えるのは日本ぐらいで
海外の調理ではそこまで塩は活躍しません。
日本でも糖尿病が多いのは、不規則な生活だけでなく
和食で塩分の高いものを摂取するのも原因となってきます。

和食は一汁三菜のバランスが取れた食事で、
食物繊維や脂質、タンパク質を
バランスよく食べられる食事です。
しかし、味付けのときの塩分を減らす工夫はしましょうね。
特に、糖尿病や血圧の高い人は
漬物や麺類を1日に何度も食べないようにしましょう。

あわせて読みたい

  1. ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!その⑤…

  2. ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!その⑦…

  3. ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!その①…

  4. テーピングによる治療

  5. 現代人に多い睡眠不足の人たち

  6. 子どものおねしょ、それは夜尿症かも!