低体温の子どもが増えている?

子どもの平均体温は1935年の37.2℃から、1995年には36.2℃まで下がっています。
子どもの体温は通常大人より高く、36.5℃~37℃程度で朝より午後の方が高くなります。
37.5℃以上になると発熱として、予防接種などではワクチン接種ができません。
一方で、36℃以下になると低体温とされます。低体温は、体の内部を含めた温度の低下ですから、冬以外でも冷房などによって起こりうる現象です。

保育園に通園している5歳児181名を対象に調査した結果によると、朝登園時の体温で36℃未満が14.4%、36℃~36.9℃が70.1%、37℃以上が15.5%であったと報告されています。

●子どもの低体温の原因は?
低体温は、体温調節がうまくできない結果です。その原因は自律神経の働きが悪いことにあります。自律神経の乱れによってイライラしたり、集中力がなくなったり、対人関係に問題が発生したり、怒りやすくなったりします。
自律神経の働きを悪くする原因は、就寝時刻が遅い(睡眠不足)、朝食の欠食または不十分である、バランスの悪く偏った食事(食生活の乱れ)、排便がない、冷暖房の使用および過剰使用による体温調節機能の低下、テレビやビデオなどの視聴、ゲーム時間の増加(睡眠不足、運動不足)です。

寝る時間が遅いと睡眠不足になり、ゲーム時間が増えると夜遅くまでゲームをして寝る時間が遅くなります。また、テレビ・ビデオ・ゲームなどの室内で過ごすことが増えることで運動が不足します。
低体温の対策は
低体温の改善方法としては、まずは生活習慣を見直します。1日の生活リズムで大事なのは睡眠・運動・食事です。

あわせて読みたい

  1. カフェインと上手く付き合うために 「デカフェ」という選択

  2. ストレスに鈍感な人は失感情症かも!?

  3. 乳製品がアルツハイマー改善に効果的?

  4. ジョギングよりウォーキングの方が健康効果は断然高い?

  5. パニック障害について知る

  6. 腸の中の細菌は絶滅危惧種!

  1. 2017.12.16

    唇の乾燥や荒れを引き起こす4つの原因

  2. 2017.12.14

    低体温の子どもが増えている?

  3. 2017.12.12

    低体温の子どもが増えている?

  4. 2017.12.11

    日本人の失明原因第1位 「緑内障」を知っていますか

  5. 2017.12.09

    カフェインと上手く付き合うために 「デカフェ」という選択…

  1. 2017.07.12

    ~入浴法で健康を手に入れましょう~

  2. 2017.07.06

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…

  3. 2017.07.05

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…

  4. 2017.07.04

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…

  5. 2017.07.03

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…