カフェインと上手く付き合うために 「デカフェ」という選択

くの健康効果を持つ飲み物として注目されているコーヒー。
海外のメーカーも日本にたくさんオープンしていますよね。そして、各社コンビニもコーヒーには力を入れています。

脂肪燃焼に血液サラサラ、肝臓障害の抑制に心臓病や脳卒中リスクの低減など、さまざまな効果があることが報告されています。

主な有効成分は覚醒作用と抗炎症作用があるカフェインと、抗酸化・脂肪燃焼作用のあるクロロゲン酸をはじめとするポリフェノール。
しかしこのうちカフェインは過剰摂取により体に悪影響を及ぼすことも分かってきているんです。

カフェインには血管を収縮させる作用があり、人によっては片頭痛や動悸を引き起こす原因となります。
さらに「日本人にはカフェイン不耐性の人が4人に1人はいるとの報告がある」とする専門家もいるんです。
昨年には20代の日本人男性が栄養ドリンクの過剰摂取により「カフェイン中毒死」したことが驚きを持って報道されましたよね。
また、妊娠中にカフェインを摂取すると胎盤や母乳を通じて母親と同じ濃度のカフェインが胎児に与えられることになるため、妊産婦は1日にコーヒー1~2杯程度に控えておられるお母さん方もたくさんいます。

あわせて読みたい

  1. ~質のよい睡眠が健康寿命を延ばす~

  2. その関節の痛み、リンゴ病かもしれません

  3. 末期がん患者、自宅と病院での生存率はほぼ同じ

  4. 車でも起こるエコノミー症候群

  5. レントゲンのとりすぎは白血病に?

  6. 乳製品がアルツハイマー改善に効果的?

  1. 2017.12.16

    唇の乾燥や荒れを引き起こす4つの原因

  2. 2017.12.14

    低体温の子どもが増えている?

  3. 2017.12.12

    低体温の子どもが増えている?

  4. 2017.12.11

    日本人の失明原因第1位 「緑内障」を知っていますか

  5. 2017.12.09

    カフェインと上手く付き合うために 「デカフェ」という選択…

  1. 2017.07.12

    ~入浴法で健康を手に入れましょう~

  2. 2017.07.06

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…

  3. 2017.07.05

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…

  4. 2017.07.04

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…

  5. 2017.07.03

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…