アルコールを飲んで、吐いてしまった

アルコールを飲むと胃に負担がかかるだけでなく、肝臓でアルコールが分解されるときに毒性の強い

「アセトアルデヒド」という嘔吐中枢を刺激する有害物質が発生します。

嘔吐前後の両方で効果的なのは、水分補給です。水分を飲むことで代謝が活発になり、

血液中のアセトアルデヒドの濃度を薄める効果が期待できるでしょう。

あわせて読みたい

  1. 頭痛の種類、いったいどこが痛むのか?

  2. チョコレートが与えるさまざまな効果

  3. では糖尿病をサイレント・キラー(静かなる殺し屋)とよばれるゆ…

  4. 突発性難聴は早期が鉄則

  5. ~お酒とたばこと健康寿命~

  6. 座ってばかりだと寿命が短くなる

  1. 2017.12.16

    唇の乾燥や荒れを引き起こす4つの原因

  2. 2017.12.14

    低体温の子どもが増えている?

  3. 2017.12.12

    低体温の子どもが増えている?

  4. 2017.12.11

    日本人の失明原因第1位 「緑内障」を知っていますか

  5. 2017.12.09

    カフェインと上手く付き合うために 「デカフェ」という選択…

  1. 2017.07.12

    ~入浴法で健康を手に入れましょう~

  2. 2017.07.06

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…

  3. 2017.07.05

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…

  4. 2017.07.04

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…

  5. 2017.07.03

    ツライ肩こりを解消するには!?肩こりになる15の原因!そ…